ジンジバリス菌と抗生物質!安全な菌の除去について

ジンジバリス菌などに抗生物質を使用すると何が危険なのか?!

ジンジバリスと抗生物質の危険性について 

 

ポルフィノモナス・ジンジバリス菌は歯周病を代表する細菌になります。

 

この菌はほとんどの人が保有していて、持っていない人を探す方が難しくなりますが、保有していても全員が歯周病になるわけでありません。

 

普段は大人しい細菌で、悪さをする菌が口内に増えなければ、大した影響はないと言えます。

 

ですが、悪さをする菌が口内に増えると今まで抑えていた力を解放するように形で口内にトラブルを巻き起こします。

 

ほとんどが歯周病になりますが、この細菌に対して抗生物質を望む人や薬品を使用して除去させようとする人もいますが、一時的なもので後で余計に口の中の状況を悪化させるケースも多くなります。

 

そのような薬品等や特殊なハミガキ粉を使用しなくても、除去させる事は可能なのですが、その方法を最後にお伝えするのと、なぜ薬品等を口内に使用すると悪化しやすくなるのかお伝えします。

 

ジンジバリス菌に抗生物質や薬品を使用するとどうなるのか?

ジンジバリスなどに抗生物質を使用すると善玉が口内から減少する 

 

結論からいうと歯周病菌は薬を使用すると除去できる事になります。

 

除去できますが、口の中に必要な菌までも除去してしまうという事です。

 

抗生物質というのは1982年にアオカビから開発されたペニシリンが始まりで、そこから研究が始まり化学的に手が加えられ、いろいろな種類が誕生しました。

 

抗菌薬と呼ばれる事がありますが細菌に強い毒性を与え除去させます。

 

どんな薬にでも副作用がありますが、口の中に「薬」を使用すると善玉菌まで除去される事になります。

 

口内には約400種類の細菌がいて、その中に善玉菌であるストレプトコッカス・サリバリウスなどの悪玉を抑える菌も存在しているという事です。

 

この悪玉を抑えている菌も除去されてしまうと、口内のバランスはすぐに崩れる事になりますので、後で口内が悪化してしまうケースが多くなります。

 

薬品の使用は必要のない細菌を除去できますが、必要である細菌までも除去してしまうので、これが薬による副作用になります。

 

ハミガキ粉は特に気をつけなければいけない存在で、医薬部外品などには注意が必要です。

 

医薬部外品と耳にする事もあると思いますが、これは効果などは確認されているけど、薬ほどの力がなく、また医師の処方が必要がない事を指します。

 

すべての医薬部外品が良くないわけではありませんが、中にはいいものもたくさんあります。

 

その使用しているハミガキ粉にもより、トリクロサンなどの殺菌成分や有害添加物を多用しているものも同じく口内にいい影響を与えませんので、使用されている成分に注意が必要だという事です。

 

口内にいる歯周病などの悪玉ばかり目が向けられがちですが、善玉を意識している人は少ないとも言えます。

 

腸内でも同じく悪玉菌の除去を薬の使用で目的にしまうと、善玉も減少して後でトラブルが起こりやすくなるという事です。

 

トラブルが起こりやすいというよりも、トラブルが起こるのではないでしょうか。

 

歯周病菌ジンジバリスを除去させるために、このような抗生物質や医薬部外品で除去させても、後のことは考慮されていません。

 

そして薬品等の使用の副作用はこれだけで終わりません。

 

ジンジバリス菌に抗生物質や薬品等の副作用は耐性菌

ジンジバリスと抗生物質!耐性菌が発生しやすくなる理由について 

 

抗生物質や薬品等の副作用は口内の善玉の減少だけではなく、耐性菌も生み出しやすくなります。

 

耐性菌とは細菌やウイルスが薬に対して抵抗力を持つようになり、薬が効かなくなる事を言います。

 

同じ薬品等を使用すると、その薬に耐える力を細菌は持つようになりますので、こうなってしまうと今まで効果のあった薬も効果がなくなってしまう事になります。

 

二度とその薬には効果をみせませんので新たな新薬か、別な薬が必要になってきます。

 

この耐性菌は社会問題にもなりつつありますが、性病などで淋病などに効果のあったセフェム系抗生物質なども菌が耐性を持ってしまい、全世界で毎日100万人が淋病などに感染しているわけです。

 

この耐性菌が減少していればいいのですが年々増えています。

 

このような理由で安易に薬用のものに手を出してしまうのは注意が必要になります。

 

そのような事を分かっていて「リスクはつきもの」と納得して使用しているのであれば、まだ救われますが、何も知らないで使用していたのであれば少し悲しい事になります。

 

どちらにしてもこの口内のバランスを崩すことがなく、安心してジンジバリス菌を除去できるものはありますので下記にまとめてみました。

 

薬品などは一切使用せずに口内にいるジンジバリスを初め、他の悪玉を除去させる事が出来ます。

 

このアイテムの特徴は悪玉にしか作用しないという事です。

 

それに加え、口内から減った善玉も増加させる事ができます。

 

口の中を総合でいい方向に整える事ができるようになっています。

 

安心して使用できて効果が高いので、誰にでもオススメできる内容です。

 

 

まとめ

 

 

おすすめ

おすすめ


おすすめ

おすすめ


スポンサードリンク


関連ページ

歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決
歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決。歯周病菌で代表的なのがジンジバリスです。普段は口内では大人しいですが、ある条件が一致すると豹変する菌の一種です。この菌が増殖してしまうと歯周病にもなりやすいですが、この菌の特徴と除去方法をお伝えします。
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消。舌苔を除去させるための器具やグッズ、薬品なども多数ありますが、1番安全で後遺症も残らないのがラクトフィリンです。この物質を使用することで自然に近い形で舌苔を除去させる事ができます。
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法。口の中が渇くと口臭が発生するのは臭いをだす細菌が口内に多いためです。この臭いを発生させる菌を減らす事で口臭は改善されますが、ある菌を増やすことで口内の環境を整えることができます。どのような事がお伝えします。
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!l中年以降から口内が乾燥しやすいのはよくあることですが男性に目立つのは理由があります。口の中が渇くのは加齢もありますが、その他の要因も後押しをしていきます。どのような原因と解決方法があるのかお伝えします。
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは。粘つくのは細菌がだしているバイオフィイルムという物質です。歯周病菌だけではなく口内にいる細菌が数を多くだすのが原因です。その詳しい詳細とすぐにでも解消できるものを紹介しています。
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について。舌の汚れが付着するのは細菌が増殖しやすい環境が口腔内にあることになります。その原因は唾液の不足や歯磨き不足なども考えられますが、口内のバランスを崩しいてるとも言えます。どのように改善すればいいのかお伝えします。
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について!?
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について。舌苔が取れない人の共通点とその原因についてお伝えしています。汚れを強制的に取っている人も多くそれが逆効果になっているケースもあります。無理をしないで取る方法もあるので参考にして下さい。
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!奥の舌苔をとる方法というよりも「取ってしまう」ものを紹介しています。とても強力なタブレットになりますが自然な形で舌の汚れを取ることができます。使用するとその効果に驚くと思います。
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法。口の中が変な感じがするのはいくつかの原因が考えられます。加齢、唾液量、舌の汚れ、薬、ストレス、アルコール、タバコ、亜鉛不足、病気などいろいろなことが考えられます。原因と改善方法についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体臭について 口臭について 体臭サプリ 口臭サプリ