口の中が渇く原因と解消方法について

口の中が渇くのを解決できる?!原因と改善方法について

口の中が渇く理由と解決方法について 

 

中年男性になると多くなるのが口の中の渇きです。

 

渇くというのは唾液の分泌量が低下することが原因なのですが、その分泌を妨げている原因は人のよって原因が異なります。

 

口腔乾燥症、いわゆるドライマウスと言われる人の基準は難しいものがあるのですが、本来の意味でいうと話すのも食事をするのにも困難な状態のことを指します。

 

その手前であれば予備軍と言えると思います。

 

ただ一つ言えることは、そのままにしてても良くはならないという事です。

 

加齢で分泌量が低下するのは良くあることなのですが、そこに輪をかけるように分泌量を減らすような環境があると症状を加速させていきます。

 

どのような理由で唾液が減るのか?どのような方法がいいのかも交えてお伝えします。

 

 口の中が渇く男性が多いのは加齢と生活環境によるもの

口の中が渇くのは生活環境によるもの 

 

男女で比べると比較的男性が多い傾向にあるだけで女性との大差はあまりありませんが、男性側に目立つのには理由があります。

 

口の乾燥を訴える方は65歳以上で約30%ぐらいの人が自覚をしていますが、ここを基準にしたときに、これ以上になるとさらに自覚する人が増えることは予想ができると思います。

 

逆にこれより年齢が下がると減っていくと予想できますが、今は若い人でも増えてきているので数字上はあまりあてにならなくもなってきていますが、男性に目立つ原因は加齢を除くとストレス、喫煙、アルコール、カフェイン、などの原因が考えられます。

 

ストレスは自律神経の作用が深く関わっていて、後の3つは尿の排出量を多くする作用、いわゆる利尿作用が強く働くことで体内から水分を失われ唾液の分泌が悪くなっていくという事です。

 

ストレスの場合は知っている人も多いと思いますが、自律神経に強く作用します。

 

自分の意志とは関係なく唾液の分泌もこの神経が調整していますので、調整機能が狂いだすと分泌量が減っていくという事です。

 

この神経はよくブレーキ、アクセルなどに例えられますが、ストレスを受けるとアクセルの方の交感神経が優位になります。

 

ストレスに耐えるためや戦うために体が準備をするような感覚です。

 

具体的にいうと筋肉や脳などに血流を集め逃走の準備、瞳孔の拡大、心拍を増加、血圧上昇、胃腸の働きや消化液の抑制、唾液の減少などの変化が起こります。

 

一時的ストレスであれば時間が解決しますが、毎日のように強いストレスを受けると、へこんだボールが元に戻らないような状態になり、この神経がいつまでも優位に働いてしまいます。

 

自律神経のバランスが崩れた」このような状態になってしまいます。

 

この環境にしてしまうと唾液がいつでも減った状態になってしまうという事です。

 

私も男性なので良く分かるのですが、このストレスのはけ口になりやすのが、アルコールや喫煙です。

 

アルコールとニコチンの作用で体から水分を奪っていくために、ここでさらに分泌量を低下を加速させてしまうような環境を作ってしまう男性が多いという事です。

 

そこにコーヒーに含まれるカフェインが加わることで後押しをしていきます。

 

加齢にプラス、何かが加わることが男性に多いので乾燥を招きやすいという事になります。

 

口の中が渇きやすい男性の解決方法とは

 

口が渇くのを解決させるためにはケルセチン 
解決方法でいうと上記でお伝えしような環境の改善を頭に意識しつつ、その他に口呼吸ではなく鼻で呼吸、唾液の分泌を促す体操、咀嚼の回数を増やすなどがありますが、あまり効果的とは言えませんでした。

 

合わなかったのかもしれませんが、私自身が30代ぐらいから口内の渇きを感じて口臭までも発生して悩まされるようになり、いろいろ試しましたが唯一「咀嚼の回数を増やす」は少し効果的なような感じもしました。

 

ただし、一時的な効果になりやすく後に続かないという結果になりやすかったです。

 

口臭の対応と口の乾燥の対応と2つもしなければいけなく大変な思いもしましたが、今は完全とは言えませんがそれに近い状態で解消させることができました。

 

その試した中で口の乾燥に効果が実感できたのがケルセチンなのです。

 

ケルセチンというのはフラボノイドの事で、分かりやすくいうとポリフェノールです。

 

抗酸化作用が強い物質です。

 

このケルセチンはほとんどの直物などに含まれていますが、その中でも多く保有しているのが玉ねぎのなのです。

 

このケルセチンはいろいろな薬用作用がありますが、代表的なものでいうと血流を良くすることで広く知られていると思います。

 

玉ねぎの身にも含まれていますが、皮に多く含まれているとなると普段から食するには難しいものがありますが、それを可能にしたものを下記にまとめています。

 

私も愛用しているものになりますが、ケルセチンを効率よく取得することができます。

 

人によって違うと思いますが、2ヵ月未満で効果がハッキリと分かりました。

 

これは本当に以外だったのですが、玉ねぎの皮が唾液の分泌量を増やすなんて想像もできませんでした。

 

おまけに会社の健康診断で血液の環境が去年から比べて、とてもいいもにもなりました。

 

唾液の分泌量も気づいたら良くなったような感覚で、血流がよくなったせいかむくみが全く起きません。

 

このサプリは濃度がありオススメできますが、似たようなもので玉ねぎの皮であれば何でもいいと思います。

 

ケルセチンは唾液の量を増やすのにはとても効果的です!

 

 

おすすめ

 

 

おすすめ

おすすめ


おすすめ

おすすめ


スポンサードリンク


関連ページ

歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決
歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決。歯周病菌で代表的なのがジンジバリスです。普段は口内では大人しいですが、ある条件が一致すると豹変する菌の一種です。この菌が増殖してしまうと歯周病にもなりやすいですが、この菌の特徴と除去方法をお伝えします。
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消。舌苔を除去させるための器具やグッズ、薬品なども多数ありますが、1番安全で後遺症も残らないのがラクトフィリンです。この物質を使用することで自然に近い形で舌苔を除去させる事ができます。
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避。ジンジバリスとは歯周病菌の事をいいます。歯周病の予防や改善をするために抗生物質や薬品等が使用されているハミガキ粉を使用すると口内のバランスが崩れる事になります。安全な除去の方法についてお伝えします。
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法。口の中が渇くと口臭が発生するのは臭いをだす細菌が口内に多いためです。この臭いを発生させる菌を減らす事で口臭は改善されますが、ある菌を増やすことで口内の環境を整えることができます。どのような事がお伝えします。
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは。粘つくのは細菌がだしているバイオフィイルムという物質です。歯周病菌だけではなく口内にいる細菌が数を多くだすのが原因です。その詳しい詳細とすぐにでも解消できるものを紹介しています。
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について。舌の汚れが付着するのは細菌が増殖しやすい環境が口腔内にあることになります。その原因は唾液の不足や歯磨き不足なども考えられますが、口内のバランスを崩しいてるとも言えます。どのように改善すればいいのかお伝えします。
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について!?
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について。舌苔が取れない人の共通点とその原因についてお伝えしています。汚れを強制的に取っている人も多くそれが逆効果になっているケースもあります。無理をしないで取る方法もあるので参考にして下さい。
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!奥の舌苔をとる方法というよりも「取ってしまう」ものを紹介しています。とても強力なタブレットになりますが自然な形で舌の汚れを取ることができます。使用するとその効果に驚くと思います。
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法。口の中が変な感じがするのはいくつかの原因が考えられます。加齢、唾液量、舌の汚れ、薬、ストレス、アルコール、タバコ、亜鉛不足、病気などいろいろなことが考えられます。原因と改善方法についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体臭について 口臭について 体臭サプリ 口臭サプリ