口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは

口のねばつきは歯周病によるもの?原因と早期の解決について

口の粘つきの解消について 

 

口が粘つくのは口腔内にいる細菌がだす粘着性物質によるものです。

 

歯周病菌もその粘着性の物質をだして歯がヌルヌルしたような状態になります。

 

これは1度は聞いたことがあると思う歯垢というもので歯やその隙間を良く観察すると白い食べかすようなものを確認できます。

 

歯周病菌はこの粘着性の物質をだして繁殖させていきます。

 

この粘着のある物質を、またはバイオフィイルムともいいますが、バリアのような役目もしていて簡単に細菌の集まりが剥がされないような役目もしています。

 

この状態をほっとくと歯石という固い石のようになり歯ブラシだけでは除去できなくなります。

 

歯周病菌が口内を粘つかせる正体かというとそうではありませんが、関係はしているという事です。

 

どのようなことなのか口内が粘つく原因と解決についてお伝えします。

 

口のねばつきは歯周病菌とその他の細菌によるもの!

口が粘つく原因とは 

 

口の中は歯周病菌や虫歯菌だけが多いのではなく、その他の細菌もたくさんいる事になります。

 

口腔内の病気でこの2つの菌が歯科などでお世話になることが多いので目立ちますが
その他にたくさんの菌がいることになります。

 

その種類は400種類ぐらいになりますが目立たない細菌も数多く口内にいることになります。

 

その目立たない細菌も粘着性のある物質をだすということです。

 

口内だけではなく日常生活の中でも細菌は至るとこにいますが、台所や浴室などの細菌もあらゆるところで粘着性の物質をだしています。

 

この場合はネバネバというよりもヌルヌルという表現が正しいかもしれませんが、水分を多く含むためにヌルヌルになります。

 

水分が少ないとネバネバに変わるような感覚です。

 

すでに歯周病になっている人は、その菌がだけが口内に数多くいるのではなく、その他の菌も口内に多くいるということです。

 

その細菌を増やす環境が口内にあるので増えてしまうことになるので、歯周病を完治させたら粘つきが解消されるかというと、プラスには働きますが根本的な改善までにはならないことになります。

 

ただし粘つきの原因を減らすことができます。

 

今の口腔内の病気の改善はとても大事になりますが、それ以前に細菌を増やさないための口内ケアが非常に大切になります。

 

ハミガキは細菌を増やさないためにとても大事なことですが、そこそこしっかりハミガキをしているのに粘つくのには理由があります。

 

また、しっかりハミガキをしているのにそのような症状がでるのは口内のバランスを保つ力が低下していることになります。

 

腸内細菌でいうと分かりやすいかもしれませんが、細菌のバランスを崩しているために便秘などの症状がでやすくなることと一緒です。

 

口腔内もそのバランスを崩していることになります。

 

口のねばつきは唾液の不足と悪玉が増加しているため!

口が粘つくのは悪玉菌によるもの 

 

口の粘つきは細菌がだす粘着性物質によるものですが、この細菌のほとんどが悪玉菌と呼ばれる細菌によるものです。

 

口腔内をしっかりケアしているのにトラブルになる人と、しっかりしていなくてもトラブルにならない人の差は、口内にいる悪玉と善玉のバランスによるものが多きく影響されます。

 

トラブルを起こす菌を抑えるつける菌が少ないと、粘つかせる菌が多くなるために口内が違和感のある状態になります。

 

そこに唾液の分泌量の不足などが後押しをする事になります。

 

唾液の成分には粘つく細菌を抑えつける成分が含まれているからです。

 

結論をいうと根本的な粘つきの改善は口腔内のバランスを取り戻すことと、粘つかせる細菌の除去ということになります。

 

減少した善玉を増やすのは腸内細菌の善玉を増やすのと同じような感覚です。

 

ビフィズス菌、または乳酸菌が必要になります。

 

それらの細菌が多く含まれるヨーグルトなどをたくさん食べると増えてくれればいいのですが口内に関しては意味あいが変わってきます。

 

消化されて役立つものではなくて、すでに分子が細かく長く口内にとどめておけるタブレットなどが有効になります。

 

分子がすでに細かく舐めて使用するというものが口内の善玉を増やすのに効率的になります。

 

そのようなものは数は少ないのですが、おすすめできるものを下記にまとめています。

 

このおすすめできるタブレットは口内の善玉も増やすことが出来ますが、粘つく原因を作っている細菌を直接、除去させることが可能です。

 

除去させるといっても「使用していればいつかは」という曖昧なものではなく約10分くらいで除去させてしまうことが出来ます。

 

その人の粘つかせる細菌数にもよりますが、即効性がとても強いものになります。

 

口内のトラブルを総合的にカバーできるようになっていますで、歯周病の除去、虫歯の予防、口臭の改善、粘つきの改善と対応できるようになっています。

 

薬品は一切使用していないので安心して使用できるものになっています。

 

どのようなものかまとめていますので参考にして下さい。

 

 

おすすめ

 

 

おすすめ

おすすめ


おすすめ

おすすめ


スポンサードリンク


関連ページ

歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決
歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決。歯周病菌で代表的なのがジンジバリスです。普段は口内では大人しいですが、ある条件が一致すると豹変する菌の一種です。この菌が増殖してしまうと歯周病にもなりやすいですが、この菌の特徴と除去方法をお伝えします。
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消。舌苔を除去させるための器具やグッズ、薬品なども多数ありますが、1番安全で後遺症も残らないのがラクトフィリンです。この物質を使用することで自然に近い形で舌苔を除去させる事ができます。
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避。ジンジバリスとは歯周病菌の事をいいます。歯周病の予防や改善をするために抗生物質や薬品等が使用されているハミガキ粉を使用すると口内のバランスが崩れる事になります。安全な除去の方法についてお伝えします。
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法。口の中が渇くと口臭が発生するのは臭いをだす細菌が口内に多いためです。この臭いを発生させる菌を減らす事で口臭は改善されますが、ある菌を増やすことで口内の環境を整えることができます。どのような事がお伝えします。
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!l中年以降から口内が乾燥しやすいのはよくあることですが男性に目立つのは理由があります。口の中が渇くのは加齢もありますが、その他の要因も後押しをしていきます。どのような原因と解決方法があるのかお伝えします。
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について。舌の汚れが付着するのは細菌が増殖しやすい環境が口腔内にあることになります。その原因は唾液の不足や歯磨き不足なども考えられますが、口内のバランスを崩しいてるとも言えます。どのように改善すればいいのかお伝えします。
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について!?
舌苔が取れないという人の共通点と口臭の原因について。舌苔が取れない人の共通点とその原因についてお伝えしています。汚れを強制的に取っている人も多くそれが逆効果になっているケースもあります。無理をしないで取る方法もあるので参考にして下さい。
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!奥の舌苔をとる方法というよりも「取ってしまう」ものを紹介しています。とても強力なタブレットになりますが自然な形で舌の汚れを取ることができます。使用するとその効果に驚くと思います。
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法。口の中が変な感じがするのはいくつかの原因が考えられます。加齢、唾液量、舌の汚れ、薬、ストレス、アルコール、タバコ、亜鉛不足、病気などいろいろなことが考えられます。原因と改善方法についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体臭について 口臭について 体臭サプリ 口臭サプリ