舌苔が取れないという人の間違った方法について

舌苔が取れないという人の共通点と悩みの解消について!

舌苔が取れない人の共通点 
舌苔が取れない」どうしたらいいですか?

 

と聞かれることがシバシバ、どのようなことをして取れないのか分からないと答えるにも、答えようがありませんでした!

 

何かを実行して取れなかったのか、それとも何もしていないけど取れないのか、ここが良く分からないと答えようがないとうのが正直なところです。

 

このような一方的な質問が多いのですが返答しても何も応答がなく、私としても困っているのが正直なところです。

 

SNSでのやり取りなのですが「恥ずかしいのかなぁ」とも思いつつ、それ以上何もできないのが現状です。

 

「多分役立った」ので返答がないのだろうとプラスに考えていますが、なぜ舌苔が取れないのかは予測すると、独自の考えた方法でしていることが多く見受けられます。

 

思ったままに行動する、行動力は素晴らしいことだと思いますが、それが裏目にでて取れないことが多いようにも感じています。

 

なぜ舌苔が取れないのかについてお伝えします。

 

舌苔が取れない人の共通点と間違った方法について!

舌苔が取れない!間違った方法について 
舌苔は極論をいうと取るものではなく、自然に取れることが本当のあるべき姿です。

 

取るという考え方ではなく、どうしてつくのだろう?という考え方が正しいということになります。

 

また、誰でも少しは舌苔がつくもので、舌のモデルのようなキレイな写真が出回ったことで「それが本当のあるべき姿」このように思っている人がどうも多いような気がしています。

 

そして本当に汚れが取れない人の共通点を上げると、歯ブラシでこすったけど取れないという共通点です。

 

舌は歯ブラシの先端で取れるような荒い構造になっていません。

 

分かりやすくいうと手芸に使用する針の穴に、太くて頑丈なタコ糸を通すような感覚です。

 

針の穴にタコ糸のような太いものが通らないように、舌の組織に歯ブラシの先端も通らないということです。

 

もっと複雑で繊細の構造になっていることになります。

 

そこで次に試すのが舌ブラシということになります。これは歯ブラシよりはまだいいのですが、これも表面的なものしか取ることができません。

 

雑草をイメージしてほしいのですが、何かで表面を刈ったような感覚ですぐに戻るということです。

 

伸びすぎた雑草を取ったのではなく「そろえた」というイメージです。

 

そもそもこすることは、舌に組織を傷めることになるので、それを勧めている人はいないはずです。

 

舌苔が取れない人の共通点はこの2点ぐらいに絞られます。

 

なぜ舌苔がつくのかを考えた方が早道になります。

 

便秘と同じく、便がでないので強制的に何かで出すというよりも何故、便がでないのか、その原因を対策していくことで悩みにならないことになります。

 

強制的なものは、一時的なもので何も解決しないことが多いかもしれません。

 

舌苔がつく原因は口腔内の環境の悪化によるもの!

舌苔が取れない原因と解決方法とは 
舌苔がつきやすい人は、口内の噛み合わせが悪いなどの例外を除いて、口腔内の環境の悪化が原因になります。

 

舌を白く見せているのは、菌のかたまりでその菌が増える環境が口腔内にあることになります。

 

その環境を正すことで改善される一番の近道になります。

 

人によってその原因が変わることになりますが、歯磨き不足、唾液の不足、善玉菌の減少、このどれかが欠けると舌に菌が多くつくことになります。

 

歯磨き不足はすぐに分かると思いますが、口腔内に虫歯菌や歯周病菌、または臭い菌が増えて口臭などが発生するのはイメージできると思います。

 

掃除をしっかりしないと菌が口腔内に増えることになります。

 

増えると病気や舌に多くの菌がつくことになります。

 

ある日、突然トラブルを起こすような菌が湧いてでてくるのではなく、普段からそのような菌が口腔内にいることになります。

 

単体では力がなく悪さはできませんが、数が増えることで影響を与えるようになります。

 

その数を増やさないようにしっかりとした歯磨きが必要になります。

 

その菌を増やさないように防御システムが口内には2つ備わっていますが、その1つが唾液になります。

 

唾液はただの水分ではなく、消化をしやすくするための酵素や、菌を増やさないようにするためのラクトフェリンとう抗菌物質が少量含まれています。

 

この唾液が加齢やストレスなどにより不足していくことでも、口内に菌を増やすことになります。

 

唾液が不足すると、舌にも多くの菌を増やすことになりますが、粘つきなどの症状もでやすくなります。

 

対策としては、コーヒーや緑茶などの唾液の分泌に作用するものは控えることが必要です。

 

タバコやアルコールも同じで、ストレスもなるべくためないような工夫が必要です。

 

最後に善玉菌の減少ですが、舌の菌を増やさないようにしているのが、口腔内にいる善玉菌です。

 

この菌を減少させるような刺激のあるものや、薬品などの影響で口腔内から減少していきます。

 

マウスウオッシュなどは特に影響が強いので、それらのものは控えるようにした方が無難になります。

 

以上のようなことが、舌苔が多くついてしまう原因です。

 

このようなことも意識しながら舌苔を取るタブレットなどを使用することで効率よく取ることができます。

 

おすすめのものは下記にまとめていますが、そんなに舌苔がついていなく気にならない程度であれば使用することはありません。

 

効果が高く安全にすぐに取ることはできますが、状況をみて使用してください。

 

明らかにたくさんついているようであればおすすめできます。

 

使用した瞬間に分かるはずです!

 

 

おすすめ

 

 

 

おすすめ

おすすめ


おすすめ

おすすめ


スポンサードリンク


関連ページ

歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決
歯周病ジンジバリスを除去して男性の口のトラブル解決。歯周病菌で代表的なのがジンジバリスです。普段は口内では大人しいですが、ある条件が一致すると豹変する菌の一種です。この菌が増殖してしまうと歯周病にもなりやすいですが、この菌の特徴と除去方法をお伝えします。
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消
男性に多い舌苔はラクトフェリンで高速除去して臭いを解消。舌苔を除去させるための器具やグッズ、薬品なども多数ありますが、1番安全で後遺症も残らないのがラクトフィリンです。この物質を使用することで自然に近い形で舌苔を除去させる事ができます。
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避
ジンジバリス菌と抗生物質の危険性!男性の口の中トラブル回避。ジンジバリスとは歯周病菌の事をいいます。歯周病の予防や改善をするために抗生物質や薬品等が使用されているハミガキ粉を使用すると口内のバランスが崩れる事になります。安全な除去の方法についてお伝えします。
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法
口の中が渇くと口臭が発生する!男性の臭い改善方法。口の中が渇くと口臭が発生するのは臭いをだす細菌が口内に多いためです。この臭いを発生させる菌を減らす事で口臭は改善されますが、ある菌を増やすことで口内の環境を整えることができます。どのような事がお伝えします。
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!
口の中が渇く男性の口腔内トラブル解決方法について!l中年以降から口内が乾燥しやすいのはよくあることですが男性に目立つのは理由があります。口の中が渇くのは加齢もありますが、その他の要因も後押しをしていきます。どのような原因と解決方法があるのかお伝えします。
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは
口のねばつきは歯周病によるもの?細菌がだす粘着性物質とは。粘つくのは細菌がだしているバイオフィイルムという物質です。歯周病菌だけではなく口内にいる細菌が数を多くだすのが原因です。その詳しい詳細とすぐにでも解消できるものを紹介しています。
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について
舌の汚れをとるには!口腔内のトラブルを改善について。舌の汚れが付着するのは細菌が増殖しやすい環境が口腔内にあることになります。その原因は唾液の不足や歯磨き不足なども考えられますが、口内のバランスを崩しいてるとも言えます。どのように改善すればいいのかお伝えします。
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!
奥の舌苔をとる方法ではなく取れてしまうものを紹介!奥の舌苔をとる方法というよりも「取ってしまう」ものを紹介しています。とても強力なタブレットになりますが自然な形で舌の汚れを取ることができます。使用するとその効果に驚くと思います。
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法
口の中が変な味もして口臭もあるような50代男性の解決法。口の中が変な感じがするのはいくつかの原因が考えられます。加齢、唾液量、舌の汚れ、薬、ストレス、アルコール、タバコ、亜鉛不足、病気などいろいろなことが考えられます。原因と改善方法についてです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 体臭について 口臭について 体臭サプリ 口臭サプリ